話しやすい住宅相談

会社情報

こんにちは、
現場に出て作業すると1キロ体重が減るが次の日デスクワークをすると
すぐにリバウンドで元通りのタグチキヨミです。いやだぁ(涙)。
何気にやる気を出して短い期間でのブログ投稿(笑)
普段よりアツい男の思いをそのままお伝えします。

今回は住まいづくりにはチョット??タメになる話。

今日は「住宅のご相談」のお話。

皆さんからみて、こんな感じで住宅相談を受けます(棚が汚い)

1.話しやすいから…

ご来店時はアンケートから

たまにですが、ご連絡を頂き住宅相談を受けます。
ワタシに相談に来る方々に「なぜ当社に?」尋ねてみると、
「住宅性能に興味があった」
「ざっくばらんに話してくれそうだから」
「ネットで見て話を聞いてくれそう」
との事、そう思ってきていただくのは本当ありがたい話です、
むしろ話しづらいと思われてなくて良かったです。

今回もご相談をお受けしました。

相談内容はココでは書けないですし口外もしません、
家づくりのセカンドオピニオン的な内容を3時間、
この「話しやすい住宅相談」今は無料です、今は。

こんな旗を上げている以上..

じゃぁ「意味がなくない」「無駄じゃないか」、と思う方もいると思いますが
自分にとって「話しやすい住宅相談」は全く無駄な事だとは思っていません、
むしろチャンスだと思っています。
「お客さんを横からとれる?」
いえいえ違います、生の悩みを聞くチャンス、
ホンネの心配事・不安事・悩み事などを全部ぶつけてきます。
相談者さんにとって不安を取り除き家づくりに取り組める、
私は家づくりお考えの方の不安事を知り、
今後の不安事を取り除いた内容で客様にご案内できる。

ワクワクだけが残る住まいづくりが出来るようにエスコートが出来るようになる。
これって両者ウィンウィンの関係だと思っています。

2.ワクワクは必要

ただこの「話しやすい住宅相談」に気を付けている事3つあります。

①他社・他の悪口を言わない

②話を沢山してもらうよう心がける

③相談に来た時より「家づくり」をワクワクして帰ってもらう

①他社の悪口を言わない

これはもう人としての最低条件と思っていますが、
他社の悪口を言って聞かされて気持ちのいい人っていますか?

周りから見て悪口言っている人ってカッコイイですか?
そんな人の話聞いて信用できますか?

悪口を言う暇があれば、笑顔の出る雑談をした方が良いと思いませんか?
先ずは人としてカッコ悪い事は出来るだけしたくないモノです。

②話を沢山してもらう

相談者さんの想いや、考えを出来るだけ話してもらう。

なぜそのようにしたのか?

なぜその考えにたどり着いたのか?

お会いして1~2分聞いた内容で、その話のバックグランドが見えないのに
肯定も訂正も正直できません
出来るだけ沢山の話をして頂き聞きます。
私は汚い字でメモを取らせていただきます(笑)
で、内容によって肯定したり訂正をさせて頂きます、
余程のことが無い限り否定はしません。
ただ勘違いして欲しくないのが否定と訂正は違います。
訂正は正確な情報を伝えるという事なので間違った情報は相談者さんの
家づくりの為になりませんので間違った情報があれば訂正はします。

※私も完ぺきでは無いのでわからない事は解らないと正直に伝えます、
とにかく情報は「正直に」だと思っています。

③より「家づくり」をワクワクしてもらう

これは、①と②の結果論になるのですが、
とにかく

家づくりがつまらないと思って欲しくない

コレは家づくりの皆さんが対象です。
A社でローコストで建てようがB社でハイランクで建てようが
家づくりはワクワクして欲しいと思っています。
そしてワクワクさせる義務がこちら側にもあると思います。
※ワクワクも建築費に入っていると自分は思っています。
(実際、見積にワクワク費なんて項目は無いのでご安心を)

3.家づくり楽しくなかった

数年前、友達の久しぶりに会った時の忘れられない一言。

「家づくり楽しくなかった」

某社で建てた友達、土地や間取りも話が違う、
とにかく話が通じない、かみ合わない、
やって欲しい事をやってくれなかった。
やり取りの疲れ、
「もういいや」
投げやり状態で家を建てたとの事。

それって悲しくないですか?

家は一生の買い物で、
皆さんが一度あるか無いかのマイホーム、
それ聞いた瞬間に正直に思いました、

「何もできなかった悔しい」

すでに時遅し。
この悔しい思いを忘れずにしたいと思います。
※このようなケース意外といると思います、疲れるだけ疲れた方々。

4.スッキリしました


自分も家づくりで悩む事の大変さや
楽しさの実経験者とし、
ワクワクが倍増できるよう案内していければと思っています。

今回も3時間お話しした相談者さんに

「話せて不安を取り除けスッキリしました」

「話しやすくて良かったです」

「〇×◇が無ければ田口さんに頼みたかったです」

とお言葉を頂きお帰りになられました。

ホントありがたいです‼(残念ですが(涙))

お土産を頂きました。

5.話しやすい住宅相談は無料です

「話しやすい住宅相談」の3つの約束は完璧には守られていないかもしれません、
私もまだまだ日々勉強中の身です、わかりやすく伝えるのが自分の役目だと思います。

「目指せ住まいづくりの簡単ドリル」

でも今時点でも最低でも3つ目の項目だけは完璧に守りたいですね。

「話しやすい住宅相談」は今は相談無料です
現時点では当社に依頼する・しないも関係なく受付をしてます、
ただ、いつまでこの条件で住宅相談するか未定ですがダラダラとは続けません。

もしお考えの方はお早めに「お問合せフォーム」かお電話で問合せください。
今のうちですよ、「ワタシ、話しやすそうなので」
(ワタシゼッタイ失敗しな〇×◇のパクリですね(笑)
でも絶対にもっとワクワクをお届け出来ればと思ってます。

とまぁこんな感じで、ワタシからは以上で~す。

タグチキヨミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました